僕は中日が好き。
およそ20年来のファンである。
中日


僕は例に漏れず17歳JKなので「ー3歳」からのファンということになるのだけど、
実際物心ついた時から中日ファンだったわけだ。

親が中日ファンだったのかな?
名古屋出身かな?


いえいえ、親は「その年の一位の球団のファン」という糞野郎であり 
実家は四国の山奥になります。 


ではでは、なぜ子供の頃に中日という地味な球団が好きになったのか?
理由は至極単純にして明快です。


ドラゴンってチーム名がカッコイイから。 



そんなんでもう十分なんです。
そんなんでも20年来のファンになるし、20年間毎年熱中して楽しんでるわけです。

中日ファンであると当時に、ぼくは一人の野球ファンということになりますが…
贔屓チームがあるというのはスポーツ観戦を楽しむ上で非常に大切な要素だと僕は感じています。

理由なんてなんでもいいんです。
楽しむ上で重要なのは何かしらの「好き」があること。 


相撲も「稀勢の里・高安・照ノ富士」が好きだからより観戦に熱がこもるし、
競馬も「スペシャルウィーク産駒」を応援するから見てるわけで。 


それらを好いてる理由は正直どうでもいいんです。
日本が好きなら日本代表戦は全く知らない競技でも楽しいでしょ?
日本代表



「好き」があるから応援する。
「好き」があるから白熱する。
「好き」があるから楽しいんです。
 

みなさんも自分にとっての「好き」を何か見つけてください。

 僕も「好き」を大事にしながらポケモンしたり野球見たり人生過ごしていきたいです。