カテゴリ

カテゴリ:ポケモンの話

リツイート

ワタルの記事が沢山RTされてる。今んとこ1000RT。
何を言っても「RTされまくって調子乗ってる」人になると思うので
ここでこっそり思ったこと書く。
65409_640


全く知らない人、全く趣向が違う人たちが、僕の知らないところでRTして拡散して行くことで…

僕の少ないフォロワーさん(100人ぐらい)に読んでもらうつもりで書いた記事が 
数万人の、本来発信したかったコミュニティとはうんと離れたコミュニティの方々に読んでもらう事になって…

もうあの記事は、僕のはじめに書こうと思った記事ではなくなってしまいました


けっしてマイナスなこと、悪い意味で言っているのではなく。 
なんだか不思議な感覚で面白いな、と。
 

知らない方々に「面白い」「深い」とほめていただいてとても嬉しく有るんだけど、
どこか「ふーん…そっかあ」って気持ちもあるわけです。


やっぱり僕は一番初めの気持ち、「フォロワーの人たちに面白いと言ってもらいたい」
って方がとても大事なことだと思うんです。 実際、フォロワーさんの反応のほうが数百倍嬉しいんです。 

知らない人たちに読まれている記事は、どこか心のなかで「僕の知らないとこの記事」になっていた気がします。
伝わる内容、受け取られる内容も、フォロワーさんとRTできた人では「違う」はずだと思います。



とはいえ僕も自意識がある人間で、RTされてる数も数なんで…
「一体どんな反応が?」「一体誰に読まれてるんだ?」
そういう色々反応がひじょーに気になって、エゴサーチしてみました。

知らないことは嫌だ、知っておきたい!という知りたがりが発生したわけです。


レッツ、エゴサーチ!検索、「けつばんレポート」と…


すると、僕の記事ツイートをRTする方以外に…

ご自身で僕の記事をツイートしていた方が、
なんと本家の僕を大幅に超える【1800RT】もされていました。


わあすごい!本当に僕の全く関係ないところで広がってた!
その時に僕は凄くホッとしました。 


その人がもし僕のRTをしていたら…2800RT!?勿体無い!?パクツイ氏ね!?

そうじゃないんですよね。

読んでくれる人にとっても、フォロワーさんにとっても
1000RTだろうが2800RTだろうが全然関係ないわけです。
もっというと、100RTだろうが5000RTだろうが読む人には同じ。
関係あるのは僕の自意識だけだったんです。

RT数欲しい!なんて自意識に囚われなければ
「ぼくの手から離れて勝手に拡散されてる」現状は、
非常に気が楽で他人事のようにワクワクできたんです。


そんなことに気付けて、
僕自身は、僕が見えているフォロワーさんだけ気にしてればいいんだと感じ、
ホッとしたというわけなんです。

知らないことは嫌だ、知っておきたい!というちょっと切迫した気持ちから
見えないなら知らなくていいや、関係ないや、に気持ちをシフトすることができ、
なんとなく、本来の記事が僕の手元に戻ってきた感じがします。
(そのあいだにも、本来の記事から分離した拡散記事は拡がっていくわけです。不思議で面白い!)


というわけで、今回の記事の知らない人の反応を必要以上に気にするのはもうやめようと思います。



ただやっぱり、拡散されてリアルの知り合いに見られないか
ちょっと怖かったりもしています。
この垢、のんびりポケモンするために作ったからね。


 

こっちに書きべき内容だけど、
長くなりそうのであっちに移した。

http://report-nunipoke.blog.jp/archives/1041778942.html 

じつはこういう内容が一番書いていて楽しい。
半分自分の勝手な考え方を書きなぐるオナニー記事なんだけど

自分の考えを表現できる場・機会、ってのはとても大切だと思うから。

 

ポケモンモチベ

さいきん比較的ポケモンに対するモチベが下がっている僕が居ます。

一発目の雑記がこれか。
大きな要因はリアルが忙しいのと、他のゲームにハマってしまったことなのですが…


トリプルを始めた時の初期衝動、
「なんて奥の深い、可能性に満ちたバトルなんだ!」
という感動が薄れてしまったのも要因に有ると思います。
ぬにっちイメージ
とにかく楽しくて猿のようにレートに潜ってたあの頃の僕(イメージ)


経験を重ねて、既知が増えたからなのですが…。

僕がトリプルを初めて、Twitterで色んな方と交流するようになった当初
「この人たちはポケモンを心の底から楽しんでるなあ」
と微笑ましくも嬉しくも思っていた、あの感覚…

残念ながらいまはあまり感じていません。
みんな飽きたのか?環境がマンネリ?僕が変わったのか?



そういう思いもあって、
以前、本家ブログで【Youはなにしにトリプルへ?】という記事を書きました。
非常に嬉しいことに予想を遥かに超えるコメントを頂き…

構築や立ち回りをパズルのように組み合わせていく楽しさ
1ターンに出来ることの広さ
戦略性・プレイング・ギミック・芸術点・個性的...etc.


といったコメントを読んでいると、
改めて「トリプルバトル」の面白さについて考えさせられます。
純粋な対戦ゲームとして、トリプルは「面白いんだ」と。


そりゃそうだ、ドラクエ1よりドラクエ2のほうが面白いんだから。
ドラクエ2




今度、【なぜトリプルは面白いのか】についての記事でも書こうかと思っています。
上手くまとめられる気がしませんが。
もう一度、僕自身が立ち返る意味で記事を書いてみたいです。


雑記ひとつ目からこんな暗い話題でしたが、
殆ど読まれることもないはずだし、自分の考えを書きなぐるように
こんな感じで勝手気ままに雑記を更新していこうとと思います。
 




とある村の回覧板で日記的な裏ブログがあったので真似します。
ポケモンの話題問わず、その時々の適当なこと書いていこうと思います。 

モチベが有るときに書くので、この記事で終わりになる可能性もあります。

ではでは。 

written by nunicchi

このページのトップヘ

見出し画像
×